人気のウィッグは何でしょう?


人気のウィッグって一体どういったものがあるでしょうか?使い方や用途にもよるかもしれませんが、現在では、一部のポイントごとに髪形を変更できる形のウィッグも手軽さもあってかなり普及してきております。
簡単に名称を挙げてみても、バンスウィッグ、テールウィッグといったものから、前髪ウィッグ、お団子ウィッグ、ロープウィッグ、シュシュウィッグといったものまで、代表的なものでもかなりの種類と形状があります。

フルウィッグも健在です

部分的なポイントウィッグについては、かなりの種類と形状があることを述べましたが、フルウィッグの需要についても、まだまだ健在です。ポイントウィッグで部分的な髪形の変更では満足いかない方や、フルウィッグの方が、スポッとかぶって終わりだから楽という方でしたら、フルウィッグを購入して着けるといった選択肢を選んだ方が良いかも知れません。
その際のフルウィッグについての選び方といったものもありますから、ご参考までに挙げておきましょう。

自然なフルウィッグの選び方の大切なポイントとは

フルウィッグでしたら、ポイントウィッグに比べまして、スポッと頭に着けるだけですから、不自然になるリスクはポイントウィッグに比べて少ないとは思われます。ただし、こちらも自分に合っていないとちぐはぐになってしまう恐れもありますので、下記の点に関しては留意して選ぶようにした方が良いですね。

1.自身の頭の大きさに合わすような形でサイズの調節できる事。
毛質やつむじ部分についてが、いくら自然であったとしても、サイズ調節ができなくてズレてしまったり、ゴワついてしまったりすると、不自然に見えることになるのでそうなってしまっては意味がありません。

2.毛のツヤ(テカリ)が自然な形となっており、天使の輪ができないものを選ぶ事。
自然なフルウィッグの基本というものは、毛のツヤが自然であるということです。ウィッグの頭頂部より光をあてまして、「天使の輪」が不自然にできないようなものを選ぶと良いです。

3.毛質が良質ファイバーでサラサラであるという事。
歩いている時に髪の毛がサラサラ、かつ自然な動きであることが大切です。

4.つむじ部分についてが自然な流れで実際の頭皮に近い事。
つむじ部分が髪の毛に対して流れと逆さであったり、不自然になっていないかといったチェックは必要です。

INFORMATION

2016/04/18
ウィッグの材料はどこから来ているのか? ページ更新しました。
2016/04/11
ロープウィッグの着け方 ページ更新しました。
2016/04/04
シュシュウィッグの着け方 ページ更新しました。
2016/03/27
ウィッグの良さは、材質 ページ更新しました。
2016/03/20
ロープウィッグとは ページ更新しました。

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

ウィッグバラエティー

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。

掲載記事の参照元

ウィッグ通販の専門店